ごあいさつ

鹿児島仮設機械株式会社 迫田剛 足場 仮設
あいさつ

当社は,昭和47年誕生以来「常に安全と発展を願いつつ明日に向かって奉仕する」を掲げ,この企業理念のもとに建設用仮設資機材のレンタル・販売・仮設工事を主体とした企業活動のもと社会的使命を遂行してまいりました。

その一貫した姿勢が業としての価値を高め,信頼という無形の財産となって社会に認めていただけたからこそ、今の鹿児島仮設機械株式会社があると考えています。わたしたちが考える“社会的使命”とは、建設現場の安全はもとより汎用性があり正確で使いやすい仮設備を設置することであると考えます。

 

昨今建設業界への入職者が減少する中,今後において仮設は更に充実させていかなくてはならないものであると考えます。現場での作業者がまるで地上で作業しているかの様に必要なところへ最短で楽に移動できる超安全足場の仮設備をつくることにより工程管理や施工時間,人動エネルギーの削減になり,また環境保護へもつながり、現場のトータルコストダウンと地球環境の保護とつながっていきます。また、複雑な組み払いを削減でき、労力的なコストダウンを図れる新商品等の開発や導入も行なっております。今後も「仮設ビジネス」をコアとして、「信頼と創造を活かした特色ある企業」を像に掲げ取り組んで参ります。

「進化と創造」を基本方針として、現行のビジネスモデルをさらに「進化」させるとともに、それを支える新たな事業も含め、「地域のリーディングカンパニーとしてのポジショニングの確立/建設事業に次ぐ将来を担う新規事業の構築」という二つの基本戦略で全社員の意識と行動の変革を目指します。

これからも鹿児島仮設機械株式会社は創業の精神を受継ぎながら、コーポレート・ブランド重視の経営に努め、存在意義のある企業として歩み続け、新たな歴史を築き上げていきたいと思っております。

鹿児島仮設機械株式会社

代表取締役 迫田 剛